延命寺

 延命寺に椿の園誕生。 

近年世界の先端の科学者達の多くが、
「地球文明の進化は止まった」と言っています。
この度、延命寺の裏山ー熊野大神の御神体の山、神山(こうやま)ーに
椿を植えて結界する
椿寿(ちんじゅ)の神山総本山延命寺プロジェクト
を発足しました。

椿三顔

 なぜ今、椿なのか? 

椿は古来から霊木であり、神木です。
金銀や鉄を製錬するのに、椿の灰が最も適していると言われています。
また古代ペルシャでは、ゾロアスター教を含め石榴(ザクロ)の油を
洗礼などの宗教的儀式等に使用していたと言われています。

椿
プロジェクトロゴ

プロジェクト発足記念事業

 苗木百五十本 椿寿の神山植椿祭 

三月二十二日(日)弥生
午前十時半・当山神山にて

 椿苗木申込受付中 

吉祥山延命寺では本プロジェクトに協賛参加いただける方を募集中です。
参加方法として椿の苗木をお申込みいただきます。
月契約として神山に植樹いただきます。
管理は吉祥山延命寺が責任を持って行いますのでご安心ください。
すでに数十名の方から苗木のお申込みをいただいております。
定員になり次第の締切とさせていただきます。

椿苗木1本:1,000円/月毎 ※管理費
(12,000円/12ヶ月)

椿油

苗木に関するお問合せ

吉祥山 延命寺

電話:0855(87)0324

FAX:0855(87)0325

E-mail: e-n-me-i@ohtv.ne.jp

お気軽にお問合せ下さい。